I.C.NAGOYAについて

voice 日本語English簡体中文繁体中文한국어ไทยTiếng ViệtIndonesiaEspañol

校長挨拶

NAGOYAから世界へ、世界からNAGOYAへ

世界に羽ばたくため、様々な国の人たちがI.C.NAGOYAで言葉や文化などを学んでいます。I.C.NAGOYAはそれにお応えすべく、その前身となる1982年開校のソニーランゲージラボラトリー名古屋スクール時代から40年以上にわたり、語学教育、異文化理解教育を通じて、コミュニケーションの重要性を追求し続けて参りました。

「国籍・性別・年齢を超えて、コミュニケーション能力を上げ、世界的な視野で考え行動できる人材を育成し、地域社会・国際社会に貢献する」
これこそが、I.C.NAGOYAの理念であり、教職員と受講生が共に目指している姿です。我々は、人と人との関わりを大切にし、言語知識だけではなく、言葉の背景にある意識や物の考え方まで伝えることを、真の語学教育と考えています。学習者ひとりひとりの個性を大切にし、目的をかなえるための環境を提供すべく、教職員一同、今後も一層努力して参ります。

I.C.NAGOYA校長 鈴木貴之
mr.suzuki

主な教育実績

  • 就学生・留学生のための日本語教育
  • 海外高校生日本語・日本文化研修
  • 愛知/岐阜/三重県研修生日本語研修
  • 企業研修生日本語研修
  • 企業赴任者ビジネス語学研修(日本語、英語、諸外国語)
  • 新入社員研修
  • アジア人財資金構想高度実践留学生育成事業日本語研修(経済産業省委託事業)
  • ブラジル人学校日本語指導者派遣事業(愛知県委託事業)
  • 日比EPA介護福祉士候補者日本語研修(経済産業省委託事業)
  • 公共職業訓練受託校
  • 他文化文化研修

沿 革

1982年10月 ソニーランゲージラボラトリー名古屋スクール開校英語教育開始
1983年4月 日本語教育開始
1985年10月 ヨーロッパ言語(スペイン語)教育開始
1986年4月 外国人のための全日制日本語教育開始(中部地区初の法務省告示日本語学校)
アジア言語(インドネシア語)教育開始
1996年3月 株式会社エヌ・アイ・エスへスクール業務移管「世界的な視野で考え行動できる人をつくる学校」としてI.C.NAGOYAへ名称変更
1999年10月 法務省告示対象コース(全日制日本語一般課程)を二部制にし「日本語進学課程」に改称
2001年10月 毎日ビルから大名古屋ビルジヂングへ移転
2012年4月 名駅永田ビルへ移転
2012年10月 「日本語進学課程」を「日本語総合課程」に改称
2016年4月 本社所在地を大名古屋ビルヂングへ変更
2016年5月 株式会社ウィザスグループへ参画
2021年4月 株式会社GenkiGlobalとの経営統合により、株式会社エヌ・アイ・エスより社名変更
株式会社グローバルウィザスを設立